【急告】
本セミナーはご好評につき、民間企業枠の予定席が満席となりましたので、
大変申し訳ありませんが〆切とさせていただきます。
なお、各自治体・教育委員会の方については、お席に若干ですがご用意できますので、
事務局までお問合せ・お申し込みください。

パンフレッ ト(PDF)

 
 


 

■開催テーマ
急がれる取組
「公共施設等総合管理計画における学校施設の個別計画の策定」


 平成26年4月、総務省は全国の地方公共団体に、公共建築物やインフラの老朽化等を総合的かつ計画的に管理するための「公共施設等総合管理計画」の策定を要請しました。
求められている平成28年度中の計画策定においては、公共施設全体のおよそ40%を占め、老朽化も進んでいる学校施設への対応が重要となります。
 現在活用されている学校施設は、およそ7割が築25年以上で老朽化を指摘されており、その対応は厳しい財政状況の地方公共団体を確実に圧迫します。

 文部科学省は昨年3月の「文部科学省インフラ長寿命化計画(行動計画)の策定について」という通知により平成32年度までの公立学校施設・社会教育施設等の個別施設計画策定を要請しています。
 学校施設をはじめとする公共施設は利用需要の変化も踏まえ、今後どのように保全・管理をしていくのか、早急な検討が求められている状況です。

 そこで、学校施設の個別計画策定に関するセミナーの第1回を緊急に実施します。

 


【タイムスケジュール】

3月31日(木) セミナー内容プログラム

12:30

開場


13:00

主催者挨拶


13:10〜14:10

講演1
「学校施設のマネジメント 〜学校を中心とした地域の将来ビジョンの策定〜」

社会構造・人口構成が大きく変化している現代において、子供達の学びを支える学校施設の在り方や長寿命化計画策定の必要性等について講演します。

講師:文部科学省大臣官房文教施設企画部施設企画課
課長補佐 西村文彦氏





14:20〜15:20

講演2
「公共施設等総合管理計画の核となる学校施設の 個別計画の策定について」

学校施設を総合的に把握し、長期的視点(30年程度)に立って、財政面と連動させながら、効率的な整備・再編・運営・環境向上等を実行していく計画の実施方法について講演します。

講師:(株)ファインコラボレート研究所
代表取締役 望月伸一氏

15:30 終了

開催概要
[主  催]

(株)ファインコラボレート研究所・まなびやづくり研究会

[共  催]

月刊スクールアメニティ編集部
[後  援] 季刊文教施設編集部(予定)
[協  力] (公社)日本ファシリティマネジメント協会(予定)
[開  催] ボイックス(株)(開催事務局) 
東京都港区芝大門1-10-5 シバ・パークビル3F 
TEL 03-6450-1831/FAX 03-6450-1065     
school@voi-x.com
[開催日]

2016年3月31日(木)

[開催場所]

コクヨ 多目的ホール(2F)

東京都港区港南1-8-35( JR品川駅港南口(東口)より徒歩5分

□交通アクセス http://www.kokuyo.co.jp/com/hall/access/

[参加料] 無料(現地ま での交通費は自己負担です)
[参加定員] 200名
 
 

■お問合せ先(開催事務局)
ボイックス梶@03−6450−1831

 
Copyright(C)2011 Voi-x publishing Co.,Ltd. All Rights Reserved.